有働 智奘さんのプロフィール

氏名
有働 智奘
氏名(ひらがな)
うどうちじょう
宗派
法相宗
稼働エリア
栃木県,群馬県,埼玉県,東京都,神奈川県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
プロフィール・経歴
昭和47年(1972)愛知県名古屋市生まれ。昭和63年(1988)奈良薬師寺入山、法相宗管長高田好胤師に師事。
平成7年(1995)龍谷大学文学部仏教学科卒。同年、薬師寺奉職、伽藍担当(修学旅行生法話)、大宝蔵殿学芸員。平成19年(2007)薬師寺退山。
平成23年(2011)國學院大學大学院文学研究科神道学専攻博士課程後期満期退学。
博士(宗教学)。
現在、國學院大學兼任講師、武蔵野大学非常勤講師。
他に早稲田大学エクステンションセンター、毎日文化センター、日本テレビ・読売カルチャー等講師。

【執筆書籍】
(単著)
『初めて学ぶ仏教』(新典社、2019年秋刊行予定)
(共著、分担執筆)
『世界宗教百科事典』(丸善出版社、2012年)
『事典 神社の歴史と祭り』(吉川弘文館、2013年)
『事典 日本の仏教』(吉川弘文館、2014年)
『古代史の最前線  日本書紀』(洋泉社、2016年)
『古代文学と隣接諸学7  古代の信仰・祭祀』(竹林舎、2018年)
『事典 古代祭祀と年中行事』(吉川弘文館、2019年)

自己紹介
中学の時から奈良薬師寺管長高田好胤の直弟子として修行し、20年間、全国から奈良へ来る修学旅行生に法話をおこなっていました。また、日本の歴史や宗教の難しい事柄を笑いを含めたわかりやすい講演を勤めてまいりました。そして、世界遺産での寺院生活を通して、日本人々の心の支えとなる信仰を学ぶことが大切と思い、他国の文化を知ることよりも、日本人が自国の宗教文化の形成を知らないことが問題と考え、神道の大学である國學院大學で神職資格を学び、日本人の信仰の基盤を学生に講義しています。現在、僧職であっても神社や神職の徒弟に仏教を講義し、寺院には仏教のみではなく神道の講演を行い、宗旨宗派関係なく、実践的な神仏の研究を進めています。

画像

案件情報

    ユーザー

    有働 智奘
    最終ログイン
    ページ先頭へ戻る
    読み込み中です